pagetop

上手なトランクルーム運用の仕方とは

トランクルーム投資の運用は今や多くの人に注目されています。一般の不動産に比べて初期投資が安く抑えられることや、実際に人が入居するわけではないので維持費もそれほどかからないという運用のしやすさがあります。投資運用に関してはメリットもあればデメリットもあるため、運用を軌道に乗せるうえでそれらのバランスを上手にコントロールすることは大切です。しっかりとリスク管理をして上手な運用を目指していきましょう。

トランクルーム投資とは、室内のある程度の広さのあるフロアをパーティションで区切り、小さな部屋をいくつも作って収納スペースとして貸し出すことです。室内だけでなく、屋外にコンテナを用意して収納スペースとして貸し出すという方法もあります。いずれにしても運用には初期費用がかかりますが、かかったとしても1室1000万以下で購入できます。多くの方の運用を見てみると1000万近いトランクルームを運用するよりも、500万程度のそこまで広くはないトランクルームを安価で提供していく方が結果的に利益になりやすい傾向もあるようです。

トランクルーム投資は、1室だけの運用では薄利になるのが一般的です。そのため、できるだけ多くの利益を得るために少しずつ部屋数を増やしていき、100以上のトランクルームを同時に運用していくという方法が一般的な運用となります。もちろん、そうした運用をうまくいかせるためには、トランクルーム投資のメリットとデメリットを良く踏まえた上で、場所や顧客の層を決めていかなければなりません。

維持費に関しても屋外のコンテナよりも室内でのトランクルームのほうがかかる傾向があります。それは、トランクルームを収容する建物の管理が含まれるからで、こうした運用上の違いを事前によく考え、どちらが自分に適しているかを見定めるとよいでしょう。もちろんどちらが儲かりやすいかというのは場所によって異なりますので一概には言えません。屋外で比較的大きなコンテナを使いたいという方も入れば、建物という安定した環境内のトランクルームのほうに信頼を寄せる方もいます。こうしたそれぞれの特徴をよく考えた上でトランクルーム投資の運用を開始すれば、多くの利益を見込めるかもしれません。いずれにしても大切になるのは立地場所です。立地場所で間違わないために、トランクルーム運用に適した立地条件に付いて考えてみましょう。良い場所であれば安定した利益を出すにもさほど期間はかからないかもしれません。

新着情報

【2017年01月19日】 ホームページを更新しました

ページの先頭へ戻る